加工技術

ひとつひとつの経験を大切にベストな加工方法を考える

img_7265近年は、工作機械の進化により、熟練作業者でなくとも規定のプログラムを打ち込むだけで生産が可能になりました。
しかし、治具を製作する場合は、熟練の技術を要する汎用工作機械の加工が必要不可欠ではないかと思います。
弊社では、汎用工作機械を使った治具を得意としており、これまでさまざまな形状の加工を経験してきました。
汎用機の作業は、手動で操作しますので、小ロットの部品を製作する場合は、時間短縮に繋がります。また、汎用機では困難な複雑な加工や、大量生産には、NC機械、マシニングセンタで対応しております。
一つ一つの治具を作るにあたり、保有設備でいかに効率よく正確なものを作ることができるか、社長はじめ従業員は密に連携し、話し合い、常に考えながら製作をしております。

img_7196

旋盤、フライス、大型プレート加工、ピンやねじひとつからでも対応が可能です。
また、材料の調達から、熱処理、メッキ加工、各種表面処理なども地域の企業と連携しておりますので、弊社一社にお問合せいただけば見積から完成品までお届けいたします。
まずは御相談下さい。

製品加工の流れ

  1. お問合せ
    電話・FAX・メールにてお客様よりお問合せ・ご相談をお受けします。
    図面とともに数量・希望納期をお知らせ下さい。
    図面が無い場合、メモや現物等でもかまいません。
  2. 仕様・要望等の打合せ
    より正確なお見積りをさせていただくため、また事後のトラブルにならないためにも、こちらから詳細についてお伺いする場合もございます。また、よりコストのかからない提案もさせて頂くことも可能です。
  3. お見積
    お客様のご要望を満たす(弊社からの提案等含めた)内容でのお見積もりを致します。お見積依頼の状況、素材、加工方法、表面・熱処理内容などにより、お時間がかかる場合もございますがご了承下さい。お急ぎの場合はお電話にてお願い致します。
  4. ご注文
    お見積内容確認後、ご納得いただけましたらご注文下さい。
  5. 製作
    図面・お見積内容に従って製作致します。熱処理・表面処理についても地域協力会社にて対応致しますので、一貫製作が可能です。
  6. 検査
    3次元測定機他の測定器具にて検査いたします。必要であれば検査票等も提出致します。
  7. 納品
    自社配達又は配送便にて安全にお客様の元にお届けいたします。